交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

交通事故で知っておきたいこと

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまった際には、多くは加害者側が加入している保険会社を相手に慰謝料や示談の問題を解決することとなります。交通事故は何度も被害に遭う方は少ないため、どのように話を進めれば良いのか分からず、保険会社に言われるがままに慰謝料を決めてしまう方もいます。

しかし、保険会社の提示額は本来の賠償金額から考えると低い場合が多く、そのまま決めてしまうとあるべき賠償額を下回る金額となってしまうことがあります。保険会社もできることなら多くは払いたくないため、提示をしてくる金額を少なくするのも当然と言えば当然です。

プロである保険会社を相手に素人が話を進めてもなかなかうまくいかず、時間や手間だけがかかってしまいます。交通事故という不運に見舞われた上に、さらに保険会社とのやり取りとなると大きな負担となってしまいますので、交通事故の賠償金や慰謝料、示談の話を円滑に有利に進めたいのであれば、プロである弁護士に相談、依頼をすると良いでしょう。

保険会社との交渉を有利に進める

事故や怪我の大小を問わず、保険会社は賠償金や慰謝料の提示額を低くする場合が多いです。保険会社の言いなりになってしまえば、本来もらえるはずだった賠償金から大幅に目減りした金額となってしまう場合もあります。

軽度の怪我であればそこまで影響は大きくありませんが、後遺症が残るような大きな事故の場合には、賠償金や慰謝料の金額によって今後の人生も変わってきます。それでも保険会社は被害者側に簡単に本来の額を提示してくれないので、交通事故対応に強いプロの弁護士に依頼をして交渉を有利に進めると良いです。

弁護士に依頼をすることで本来の賠償金や慰謝料を得られる期待があるだけでなく、様々な面倒な手続きを一任できます。訴訟などに関わる問題も交通事故対応に強い弁護士であればスムーズに被害者側の負担なく進めてくれるので、知識の不足に関してもしっかりとカバーをしてくれます。

知識や認識が不足していると、賠償金や慰謝料請求に関しては不利益を被る場合があります。その点、交通事故対応に強い弁護士に依頼をすれば、依頼者側が知識が不足していても損をすることはありません。

弁護士に依頼をするメリット

弁護士のメリット

交通事故後の対応を弁護士に依頼するメリットとしては、賠償金や慰謝料が本来あるべき額で得られる点と、面倒で手間や時間がかかる手続きを一任できる点が大きいです。

大きな事故や怪我の場合には日常生活にも支障をきたしてしまい、その中で事故の事実関係や証拠の収集、保険会社とのやり取りは大きな負担となります。保険会社とのやり取りが面倒で言われるままの額で決めてしまうと、上にも挙げたように本来の金額から少なくなるケースが多々あります。

その点、交通事故対応に強い弁護士に依頼をすれば、事故後のアドバイスも含めてプロである弁護士がしっかりとサポートをしてくれます。また、保険会社との面倒な交渉なども全て任せられるので、被害者側は安心して事故後のケアに専念できます。

弁護士に依頼をするデメリット

弁護士のデメリット

交通事故の賠償金や慰謝料の交渉や、その他の面倒な手続きを一任できるメリットがある反面、交通事故対応を弁護士に依頼をすると費用がかかるデメリットがあります。

最近では交通事故問題の相談であれば無料で受け付けてくれる法律事務所も増えていますが、実際に解決のための依頼をするとなると費用が発生します。必要となる費用は法律事務所によって異なりますが、大体の目安として着手金で20万円程度と増額がされた慰謝料の10%程度となります。

当初、保険会社から提示されていた賠償金や慰謝料が100万円だとした場合、弁護士に依頼をして交渉をして200万円まで増額をされたとすれば、弁護士費用は着手金の20万円と100万円の増額の10%分で10万円、合わせて30万円となります。

  • 差し引きで考えるとデメリットは大きくない?

上の例で言えば、弁護士を介さずに自身で保険会社とやり取りをした場合には、賠償金や慰謝料は100万円となります。しかし、弁護士に依頼をして100万円の増額がされて200万円となった場合には、弁護士の着手金と成功報酬の30万円を引いても170万円の慰謝料が得られます。単純な例ではありますが、弁護士に依頼をして費用を払ったとしても、さらに多くの賠償金や慰謝料が得られる期待があります。

弁護士費用の体系は法律事務所によっても変わります。着手金は不要とする代わりに成功報酬の割合が20%程度となるところもありますので、詳しくは相談時にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

まずは相談をしてみる

交通事故に遭ってしまった方は、保険会社の言いなりになる必要はありません。本来あるべき賠償額、慰謝料を得なければ損でしかないので、自身での解決が難しい、負担であると感じるならまずは交通事故対応に強い弁護士に相談をしてみるべきです。

早いのは電話での相談ですが、メールでの相談を受け付けている法律事務所も多いです。相談が無料となる法律事務所を選べば依頼をする前に費用がかかることもないので、分からない点なども気軽に聞けます。

以前は30分で数千円といった具合に相談だけでも費用がかかる法律事務所が多くありましたが、今では相談無料とするところが増えています。相談だけでお金がかかるとどうしても話も聞きづらいですが、無料であれば安心です。

弁護士に交通事故問題の依頼をする際には、契約前の相談時にしっかりと話し合うようにしてください。弁護士に依頼をして差し引きで被害者側にメリットが残るのかなども含め、よく確認をしながら話し合うことが良い弁護士での依頼と解決に繋がります。

倍以上の慰謝料や賠償額となる場合も

本来の慰謝料や賠償金が得られる

弁護士に交通事故の依頼を行うと、保険会社が提示していた金額から倍以上となるケースが数多くあります。事故や怪我の規模が大きくなるほどに得られる慰謝料や賠償額も大きくなるため、保険会社が提示する金額が一見すると大きいからと言って、満足はしないようにしましょう。

大きな事故となり、保険会社が数百万円の提示をしてくると「これだけもらえれば十分」と考えてしまう方もいます。しかし、弁護士に依頼をして話を進めてもらうと、場合によっては数千万円といった金額まで上がる可能性があります。

後遺障害等級や休業損害額を保険会社は低く見積もる傾向にあるため、大きな交通事故となると上記のようなケースが出てきてしまうのです。

  • 得られる金額はしっかりと得る

保険会社が提示する金額以上の慰謝料や賠償額を得ることは、もちろん何も悪いことではありません。本来得られる分はしっかりと得ないと損でしかありません。知識や認識不足による慰謝料や賠償額の損は大きな金額となりますので、損をしないためにもまずは弁護士に相談です。

交通事故に強い弁護士を選ぶ

交通事故問題の円滑な解決や、納得のいく金額で保険会社とのやり取りを終えるためにも、弁護士を選ぶ際には交通事故問題に強いかを重視するようにしましょう。

法律事務所も数多くあり、それぞれで得意とする案件が異なるため、交通事故問題にあまり強くない弁護士のいる法律事務所に依頼をしてしまうと、納得のいく解決ができない可能性があります。

交通事故を得意とする弁護士であれば、多くの実績を持っているために様々なケースに対応ができるのも強みです。交通事故後の被害者へのアドバイスも貰える場合があるため、依頼をするなら交通事故に強い弁護士にしておくのが良いです。

交通事故に強い弁護士はネットで簡単に探せますので、相性の良い法律事務所を見つけ、安心のできる損のない交通事故解決を目指すようにしてください。

弁護士を選ぶ際には、人同士の相性も大きなポイントです。話しづらい弁護士だと相談や質問もしづらくなってしまいますので、自身にとって話しやすい、聞きやすいと感じる弁護士に依頼をすることも大切です。

ややこしくなる前の依頼で解決を

加害者側、或いは保険会社とのやり取りがややこしくなってからではなく、早めに弁護士に相談や依頼をすることが納得のいく交通事故解決の近道と言えます。最初から弁護士が対応をしている方が話が早いのは当然で、慰謝料などに関してもしっかりと損なく得られる可能性が高まります。

保険会社から提示された金額に納得をしてしまった後となると話が難しくなるため、本来あるべき金額を得たいのであれば、保険会社との話は勝手には進めない方が良いです。相手はプロの保険会社なので、被害者側もプロである弁護士を立てて話を進めるべきなのです。

被害者である交通事故に遭われた方が、本来あるべき賠償金や慰謝料を得ることは当然の権利です。弁護士に依頼をして得るべき金額まで交渉をしてもらうのは何もおかしなことではないので、不運にも交通事故に遭われてしまった方は、弁護士への相談と依頼で納得のいく解決を目指すようにしましょう。

事故内容や保険会社によっては、慰謝料の提示をゼロとする場合もあります。提示額がゼロであっても弁護士に依頼後に数百万円や数千万円に増額された事例もありますので、保険会社が提示する金額には納得をせず、プロである弁護士に依頼をして損のない交通事故解決を目指すべきです。

第0位

弁護士法人ALG&Associates

保険会社から提示された賠償内容を無料診断してくれる、交通事故に強い頼れる弁護士事務所です。

着手金相談費用弁護士費用対応地域
0円0円後払いOK日本全国
面倒な保険会社との交渉は全て任せられ、多くの解決実績から交通事故被害者が損をしない内容で進めてくれる頼れる弁護士事務所です。交通事故の示談交渉は知識と経験が重要となりますが、日本全国で数多くの解決実績を持つ弁護士であれば安心して任せられます。怪我の治療中なのに治療費が打ち切られそう、そもそも保険会社が提示する示談内容が適正なのかの判断ができない場合には、まずは相談をしてみましょう。
弁護士法人ALG
公式サイトで詳細を見る

弁護士法人ALG&Associatesで対応をしてくれるのは交通事故の被害者のみとなります。加害者側からの相談は受け付けておりません。

トップへ戻る