交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

愛知県で交通事故に遭ってしまったら

交通事故の件数が多い愛知県では、いつ事故の被害者となってしまうか分かりません。不運にも交通事故の被害者となってしまった場合には、しっかりとした話し合いによって怪我の治療費や慰謝料などの損害賠償を請求するようにしましょう。

加害者側が車の場合には多くは加入する保険会社との話し合い、示談の交渉となりますが、注意をしておきたいのは保険会社の提示する支払額ではすぐに納得をしないことです。

保険会社は必ずしも妥当な金額を提示するとは限らず、寧ろ本来あるべき賠償額から見て遥かに少ない金額で解決を図ろうをするケースも少なくありません。

軽い怪我やちょっとした物損程度であれば保険会社の提示額でも納得ができる場合がありますが、明らかに少ない、これからかかるであろう治療費を考えても少なく過ぎると感じる場合には、交通事故の慰謝料や示談交渉に強い弁護士や司法書士に相談をしてみると良いでしょう。

事故が多い愛知県の名古屋市

交通事故の件数も、被害者となる方も多い名古屋という大きな都市を抱える愛知県では、日々多くの交通事故が起きています。以下に掲載の愛知県内の事故件数を見ても分かる通り、名古屋をはじめとする愛知県内では毎日のように死者、あるいは負傷者が出る人身事故が起きているのです。

愛知県全体 平成25年 平成26年 平成27年
死者数 219 204 213
人身事故数 48,949 46,131 44,369

この数字は被害者が出る人身事故であり、1日平均で100件超の交通事故被害者が出てしまっているのが愛知県です。中でも事故件数が多いのが名古屋市で、平成27年度の名古屋市だけに限った人身事故件数は14,250件、死者数は52人と、事故件数では名古屋市が愛知県内の30%超の大きな割合を占めていることになります。

愛知県の事故のうち名古屋市だけで30%超も人身事故が起きているとなれば、被害者側の弁護士への相談をする、示談の依頼を行うのも珍しいことではありません。実際に最近では不利にしないために交通事故示談に強い弁護士に依頼をする方も増えてきており、被害者が有利な条件での示談成立を目指すようになってきているのです。

専門家への相談で得られるメリット

主に保険会社となる相手側が過失を認めずに話がこじれている、提示されている賠償額が明らかに少なく納得ができないなど、示談を自分自身で進めるとなると様々な問題が生じてしまうものです。しかし、名古屋市をはじめとする愛知県での交通事故示談に強い弁護士であれば、これらの問題もスムーズに解決をしてくれます。

自分自身で示談を進めるとなると交通事故で負った怪我の治療費や、慰謝料の金額が大幅に少なくなってしまう場合があります。普段から交通事故の示談交渉に関する知識を蓄えているといった方は少なく、ある日突然遭ってしまう交通事故にかかる慰謝料が、果たして妥当であるのかの判断はしづらいためです。

そのあたりをしっかりとカバーしてくれるのが、弁護士や司法書士の交通事故示談に関する専門家です。交通事故問題に強い、多くの解決実績を持っている法律事務所であれば、様々な事故のケースに対応ができるため、被害者側が最大限有利になるように示談交渉が進められます。

実際に示談を進めてもらうためには依頼をすることとなりますが、最近では名古屋市以外でも愛知県の交通事故問題の相談を無料としている法律事務所も増えてきているため、無料相談の法律事務所を利用すれば依頼前の段階であれば費用はかかりません。

相談に費用がかかるとなるとどうしてもハードルが高く感じられてしまいますが、多くの事故が起きている名古屋市、そして愛知県全域で被害者となってしまった方は、まずはメールや電話で行える無料相談を進めてみると良いでしょう。

加害者側が加入する保険会社は、あれこれと過去の事例などを持ち出していくらの支払いにするかを提示しますが、実際には保険会社が一方的に有利な内容となっていることが多いです。本来の賠償額は数倍、数十倍、さらにはそれ以上となる交通事故の状況もあるため、専門家への相談、そして依頼も視野に入れつつ、話を聞いてみるべきなのです。

  • 保険会社はなるべく払いたくない

保険会社は支払う保険金はなるべく少なくしたいと考えています。単純に保険会社は支払いが増えればそれだけ収益を圧迫するため、怪我の程度がはっきりしない場合などは提示する賠償額が少なくなります。しかし、交通事故の怪我は後から発覚する場合もあるため、安易に保険会社の提示額で納得をすべきではありません。

第0位

弁護士法人ALG&Associates

保険会社から提示された賠償内容を無料診断してくれる、交通事故に強い頼れる弁護士事務所です。

着手金相談費用弁護士費用対応地域
0円0円後払いOK日本全国
面倒な保険会社との交渉は全て任せられ、多くの解決実績から交通事故被害者が損をしない内容で進めてくれる頼れる弁護士事務所です。交通事故の示談交渉は知識と経験が重要となりますが、日本全国で数多くの解決実績を持つ弁護士であれば安心して任せられます。怪我の治療中なのに治療費が打ち切られそう、そもそも保険会社が提示する示談内容が適正なのかの判断ができない場合には、まずは相談をしてみましょう。
弁護士法人ALG
公式サイトで詳細を見る
  • 電話ですぐに相談したい方はこちら

0120-895-007
損害賠償金の無料診断が行える、24時間受付の弁護士法人ALG相談窓口です。通話料無料で全国どこからでも相談が行えるので、愛知県内での事故でもその他の都道府県でも対応可能です。

第0位

ベリーベスト法律事務所

交通事故問題の専門チームへの弁護士相談が無料で行え、依頼後の対応は全て弁護士に任せられます。

着手金相談費用弁護士費用対応地域
0円0円後払いOK日本全国
交通事故に強い弁護士による専門チームが設けられており、示談内容が妥当かの確認も、慰謝料を増額させたい場合にも、その他にも様々な内容が無料で相談ができるようになっています。面倒な保険会社とのやり取りや示談を含めた全ての手続きを弁護士に任せられるので、交通事故の被害に遭ってしまって困っている方は、一度無料相談から話を聞いてみると良いでしょう。
ベリーベスト法律事務所
公式サイトで詳細を見る

一度決めてしまうと変更は難しい

交通事故の規模もそこまで大きくなく、体にもそこまで不調は無いからと、提示する最低限の治療費や慰謝料などで示談の成立をしてしまうのは危険です。示談は一度成立すると勝手に変更はできず、示談内容を変えるためには両者の同意が必要となるためです。

名古屋市だけでも1日平均で数十件、愛知県全域で見ると非常に多くの人身事故が起きている地域性から、当事者同士も含め、深く考えずに示談の交渉を進めて成立させてしまう方が多いです。しかし、これでは後々になって新たな症状が発覚した場合や、後遺障害が出るような大きな怪我であった場合に、しっかりとした損害賠償が得られなくなってしまいます。

また、金額が妥当であるかの判断が難しい慰謝料に関しては、自身で納得をしてしまうと「損」となるケースもあります。特に後遺障害が残るような事故や、怪我の程度が比較的大きい場合には、慰謝料はしっかりとした交渉材料を持って話し合わなければなりません。

当事者同士はもちろん、保険会社との示談の交渉においても後遺障害の認定をしないことも少なくないので、今後の生活を考える上でも交通事故の被害者となってしまった方は専門家への相談をし、解決の依頼を進めるようにすると良いでしょう。

後遺障害の認定がされるか否かによって、慰謝料や損害賠償は大きく変わります。自身では認定が難しいとしても、専門家である愛知県の交通事故問題に強い法律事務所を頼ることで、被害者側は安心して治療に専念ができます。

得られる金額は桁が異なる場合も

損害賠償金額計算書の無料診断

交通事故の慰謝料や損害賠償の請求は、正しい根拠と証拠による交渉によって、当初の加害者側の提示額から大きくなります。根拠も証拠もなければ獲得できる賠償額を多くすることはできませんが、しっかりと揃えていれば桁が異なる金額となる場合すらもあります。

不運にも交通事故の被害者となってしまい、日々の生活もままならない状況で交渉のための証拠を集めるのも大変なことですが、そのあたりも専門家の力を借りれば任せられます。

事故が起きた状況から過失の割合をしっかりと算出し、怪我の程度からかかる治療費や今後の生活に与える影響を考え、後遺障害の認定が必要であるかなども全て進めてくれます。

法律事務所に実際に示談の交渉依頼をするとなるとお金はかかりますが、かかるお金以上に多くの賠償金が得られるケースが多いため、スムーズな交渉が進められるだけでなく金銭面でも大きなメリットが得られるようになります。

一見すると満足に思えるような金額を提示されているとしても、そこで納得はせずに一度は法律事務所で話を聞いてみるべきです。提示額以上に請求をする交渉となると何か汚いといったイメージを持たれる方もいますが、悪いことをしているわけではなく、正しく本来の金額で請求をするために進めるだけなのです。

  • はじめから妥当な金額が提示されれば良い

交通事故の慰謝料や損害賠償の請求は、はじめから妥当な金額で提示をしてくれれば交渉も必要ありません。しかし、上にも挙げたように特に保険会社は支払いを渋るため、被害者側が得るべき金額すらも支払われない可能性があります。交通事故の被害者になってしまったのに得るべき賠償額も得られないのでは「損」でしかないため、本来の金額で請求をするためにも専門家の力を借りておくと良いのです。

愛知県の交通事故に関する情報

平成27年度のデータから、事故件数で見るとワースト1となる愛知県の人身事故の多くは名古屋市で起きています。次いで多いのが西尾張、東尾張、西三河、東三河と続きます。

事故の状況別に見てみると、件数で最も多いのが追突による人身事故です。不必要な急停車などによる追突事故であれば話は別ですが、例えば信号待ちなどで停車中に追突をされた場合には被害者側が得られる慰謝料も大きくなる場合が多いため、件数が多い名古屋市でもその他の地域でも、追突事故を起こされた場合などは早めに弁護士などに相談をしておくべきとも言えます。

続いて多い事故の状況は出合い頭です。しっかりと確認をせずに交差点に進入してしまい、他の車と衝突をしてしまう状況です。優先道路などを除くと出合い頭の事故はどちらに過失があるのかの判断が難しく、過失の割合によって保険会社と揉めるケースが多いです。過失割合によって被害者と加害者が変わってしまうため、慎重に示談を進めなければならない状況なのです。

本来は被害者であった側が保険会社との示談によって加害者側になってしまう場合もあり、慰謝料などを受け取るどころか支払う側になってしまう場合もあります。極端な話ではなく出合い頭の事故では十分に起こり得る状況のため、知らず知らずにうちに加害者にならないためにも専門家に相談をするようにしましょう。

名古屋市で見る交通事故

愛知県内でも多くの割合となる名古屋市の交通事故は、上にも挙げたように平成27年度は人身事故が14,250件、死者数は52人となっています。人身事故件数は14,250件でも被害者は一つの事故につき複数となる場合があるため、17,693人となります。

名古屋市の人口を230万人とすると130人につき1人が交通事故の被害者となる計算で、名古屋市での事故は何も遠い話ではありません。身近に起こり得る割合であり、いつ名古屋市で交通事故の被害者となるかは分からないのです。

これだけの被害者がいれば交通事故の示談に関する相談や依頼を弁護士に行うのも、もはや一般的とも言えます。寧ろ名古屋市でこれだけの交通事故被害者がいるのであれば、相談をしないのは正しい事故後の対応とも言えないでしょう。

人口が多く車の台数自体も多くなる愛知県の名古屋市では、事故にいつ遭ってしまうかは分かりません。事故の対応で被害者側が損をしないためにも、分からないことや不安に感じる部分があれば弁護士を頼ってみるべきなのです。

事故発生率は高くない愛知県

交通事故の件数は全国でワースト1と叫ばれる愛知県ですが、じつは事故の発生率で見ればそこまで高くはありません。愛知県は車の保有台数が多いため、単純に車の絶対数が多いことから交通事故の件数が多くなってしまっているのです。

例えば平成26年度のデータで見てみると、全国の都道府県別の交通事故件数では愛知県は46,131件でワースト1となっています。愛知県と言えば交通事故が多いといったイメージがあるために特別に珍しくも感じませんが、車の保有台数から見る事故の発生率としてみると、愛知県は全国で9番目となっています。

「愛知は車の運転が荒い」「交通マナーが悪い」とはよく言われますが、もちろんそれらが交通事故の原因となっている可能性は否定できないものの、交通事故の件数が多いのは運転の荒さやマナーの悪さといった部分だけでなく、車の保有台数の多さが関係をしています。

交通事故の件数だけを見れば愛知県は非常に悪く見えますが、事故の発生率や人口あたりの交通事故による死者数などを見てみると、決して良くはなくても全てが全国で最も悪いわけではないのです。

とは言え、愛知県は交通事故自体が多いのは事実となるため、被害者側となってしまった方も加害者側とならないよう、車を運転する際には周囲をしっかりと確認した安全運転を心がけるようにしてください。

交差点では交通事故に注意する

愛知県の交通事故のうち、交差点付近での事故発生率は非常に高い数字となっています。愛知県で起きている事故の半数以上は交差点付近となるため、やはり交差点付近は運転者はもちろん、歩行者側であっても注意をして通行をしなければなりません。

また、交差点付近の事故は他の車や、信号を横断中、または信号待ちの歩行者を巻き込む大事故に繋がる可能性もあり、大変危険です。車の台数が多いからこそ、愛知県では交差点付近もその他の場所でも、交通事故には十分に注意をしてください。

自身が当事者でないとしても、交通事故を目撃した際には速やかに負傷者の救護や安全な場所への退避、警察や消防への連絡を行うようにしましょう。交通事故の被害者となってしまった場合には、その場での当事者同士での示談は進めず、専門家への相談も含めて正しく示談の交渉を進めると、その後も安心です。

交通事故による怪我や症状は、必ずしもその場で表れるとは限りません。時間が経ってから体に異変が生じる場合もあるため、その場では何ともないとしても病院に行くようにし、その後の示談交渉を専門家に依頼しておくと良いです。

  • 急ぎで相談をしたい方は日本全国対応のフリーダイヤルへ

0120-895-007
24時間日本全国対応の電話相談窓口であれば、交通事故の損害賠償に関する無料診断が行えます。交通事故問題に強い弁護士法人ALGの相談窓口となっているため、示談を進める上でも被害者側が不利にならないように進めてくれます。

弁護士法人ALG&Associatesで対応をしてくれるのは交通事故の被害者のみとなります。加害者側からの相談は受け付けていないのでご注意ください。

トップへ戻る