交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

症状が遅れて出てくることも

交通事故で特に頭を強く打つような状況では、その場では特に痛みや何らかの症状を感じていないとしても、今後のためにも必ず病院へ行くようにしましょう。

頭に限らずですが怪我や障害は後から出てくる、発覚をすることも珍しくありません。その場では何ともないからと適当に当事者同士で示談で済ませてしまうと、後々での損害賠償の請求が難しくなってしまう場合もあります。

少し痛みがあっても病院に行くのが面倒だから、特に何ともないからとそのままにしていると、結局は自分自身が苦しむことにもなるのです。

じつは大きな怪我の可能性

交通事故を起こしてしまった、または起こされてしまったときというのは、どちらの立場にしても一種の興奮状態にある場合が多いです。ちょっとしたパニックになる方もいるほどで、事故で負った怪我があったとしても自覚ができないような状況でもあります。

しかし、時間が経って冷静になってみると、色々なところが痛む、怪我をしていることに気付きます。急いで病院に行ってみるとじつは大きな怪我を負っていた、すぐに入院が必要なほどという場合もあります。

その他にも時間差で表れる症状や怪我もあります。特に怖いのが頭に関する怪我で、脳内の出血などは症状が出てくるまでタイムラグがあるため、その場では何ともなくても時間が経つといきなり倒れてしまうなども起こり得ます。

交通事故の後にすぐに病院に行っていれば何とかなったとしても、自覚症状がないからと病院に行かないと、最悪の事態を招いてしまう危険性すらあるのです。

お金の問題だけではない

交通事故の後に必ず病院に行くのは、損害賠償だけでなく自身の命を守る意味でも重要となります。面倒臭がって適当な示談で済ませてしまう、病院にも行かないなどとなると、お金の面でも自身の体の面でも大きな苦労をしかねません。

たしかに交通事故に遭って警察や保険会社に連絡をする、病院に行くのは面倒で手間がかかります。しかし、その手間を惜しんだばっかりに大きな負担を強いられてしまっては、交通事故の被害者側が損をしてしまいます。

今後の暮らしを安心して送るためにも、交通事故に遭った際には必ず病院に行くようにし、医師からのしっかりとした診断を受けるようにしてください。また、気になることがあれば細かく診てもらい、後々で怪我が発覚したなどが無いようにすると良いでしょう。

トップへ戻る