交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

損害賠償の意味

交通事故での損害賠償は、被害者側が加害者側に請求ができる慰謝料や後遺障害に関するお金全体を指します。被った損害に対するお金となり、お金で解決ができない問題であっても損害賠償として請求するしかないので、場合によっては請求額は非常に大きくなります。

ただ、損害賠償はどの程度であれば妥当なのかは、多くの方は分かりません。保険会社が提示する金額であれば間違いないだろうと決め付けてしまうと、実際には本来の賠償額から大幅に低い水準となるケースもあります。

支出を抑えたい保険会社の思惑

保険会社はなるべくなら支払いはしたくない、支出は抑えたくないといった考えがあります。ビジネスとして保険を行っているので当然ではあるのですが、交通事故に遭われた被害者側からすれば関係ありません。

保険会社の都合云々ではなく、本来あるべき賠償額を得るのは何も間違ったことではないため、支出を抑えたい保険会社が提示してくる金額で納得はしない方が良いです。

特に後遺障害が残るような大きな交通事故に巻き込まれた場合には、自分一人で保険会社とやり取りをすると後遺障害等級を低くされてしまい、支払われる賠償額が大幅に少なくなる場合があります。

よく分からないからとそのままで納得をしてしまうのではなく、賠償額に関する疑問を少しでも抱いたのであれば、交通事故問題に強い弁護士への相談をしてみると良いでしょう。無料相談を受け付けてくれる弁護士であれば、話も気軽に聞けます。

交渉が必要となる

賠償金や示談金など、保険会社を相手に本来あるべき金額を請求するためには交渉が必要となります。しっかりとした証拠や根拠が無いと話にならず、頼み込むだけのような交渉では賠償金が上がることはありません。

交通事故の被害に遭って大変なのに、そこからさらに証拠や根拠を集めるとなると非常に大きな負担となります。そのうち交渉も面倒になってしまい、保険会社が提示する賠償額で納得をしてしまう場合もあるでしょう。

それこそが保険会社の狙いでもありますので、賠償金をしっかりと請求するためにも交通事故の実績が豊富な弁護士に話を聞いてみるべきなのです。

トップへ戻る