交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

示談交渉や損害賠償の請求に関して

通常の交通事故の場合には、被害者側が加害者側に損害賠償を請求できるのは3年としています。3年が経過すると時効となってしまい、損害賠償を請求する権利を失ってしまいます。

交通事故の示談が成立しないと、困るのは被害者側です。怪我の治療にかかる損害賠償金や慰謝料の金額が定まらず、いつまで経ってもそれらのお金が受け取れなくなってしまいます。

軽い接触事故で大した怪我も無さそうだしと示談をしてしまうと、後々にそういった何らかの怪我や後遺障害が発覚した際にトラブルになります。

よく分からないまま話を進めると、本体の金額とは離れた遥かに少ない保険金の支払いとなる可能性もあるために注意が必要です。

トップへ戻る