交通事故の慰謝料請求や示談交渉は、まずは交通事故案件に強い弁護士に相談をしましょう。

支払われない損害賠償

交通事故の示談が成立しないと、困るのは被害者側です。怪我の治療にかかる損害賠償金や慰謝料の金額が定まらず、いつまで経ってもそれらのお金が受け取れなくなってしまいます。

加害者側としては示談が成立しなくて困らないわけではありませんが、支払いの面だけで見れば困ることはなく、示談の成立がせずに本当に困るのは交通事故の被害者側と言えます。

示談が長引きそうと感じるなら

多くは保険会社を相手にする示談の交渉が長引きそう、納得のいく示談内容とはなっていないと感じるのであれば、交渉の場を調停へと移してみるのも一つの方法です。

示談の交渉が長引くのが嫌だからと相手側からの提示額で納得をしてしまうと、本来請求できたはずの金額と大きく乖離をする可能性があります。だからと言って示談を長引かせるのも十分な金額を請求できなくなる場合があるため、効果的な交渉によって納得のいく示談の成立を目指した方が良いです。

ただ、比較的手軽な方法とされる調停であっても、通常の示談交渉と比べるとどうしても手間がかかってしまいます。交通事故で被った怪我の治療にも専念できず、仕事への復帰も遅くなってしまうかもしれません。

それだけの手間をかけても納得のいく示談の成立とならなければ、最終的には民事訴訟となるでしょう。訴訟となれば調停よりも手間や時間がかかりますが、しっかりとした弁護士からのアドバイスや依頼を行えば、納得のいく内容での示談が成立する可能性が高まります。

弁護士に依頼をすることを考える

当初の示談交渉で早くも躓きそう、話がまとまらないと感じるのであれば、早い段階で交通事故案件に強く実績が豊富な弁護士への相談や依頼を行っておくと良いです。示談がある程度まとまってからだと内容を変えるのが難しい場合があるため、示談の内容が固まる前に相談や依頼をしておいた方が良いのです。

実際に示談交渉の依頼を弁護士に対して行うとなると費用がかかりますが、それでも一般的に弁護士費用を差し引いても、依頼をした方が請求できる示談金や損害賠償は大きくなるとされています。

加害者側の保険会社などから提示される示談の内容が納得できないからと言って、いつまでも示談を成立させないと困るのは被害者側です。余計なトラブルにしないためにも、交通事故の示談交渉をうまく進めたいのであれば専門とする弁護士への相談や依頼を考えてみましょう。

トップへ戻る